捕手初のトリプル3へ・佐藤都志也(ロッテ)|プロ野球60秒名鑑

佐藤都志也(千葉ロッテマリーンズ) 千葉ロッテマリーンズ

野球をより楽しく見るにはどうすれば良い?

実は答えは簡単で「選手個人を詳しく知る」に限ります。

一緒に野球観戦していても野球のルールとかよりも、選手個人の特徴やエピソードがある方が観戦してて盛り上がった経験はありませんか?

ここでは選手の基本情報から近況や人物としてのエピソード・特徴などをザクッとまとめてます。

知っておくだけでも【よりカジュアルに野球を楽しめる】ようになるはず。野球観戦の事前学習やシーズン中での振り返りなどにどうぞ。

佐藤都志也(さとうとしや)|聖光学院高→東洋大学

引用)千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイト
  • ポジション:捕手
  • 右投げ左打ち
  • 身長&体重:181cm・83kg
  • 出身地:福島県
  • 生年月日:1998年1月27日

佐藤都志也の球歴

聖光学院高→東洋大学。
2019年千葉ロッテマリーンズ ドラフト2位入団

いわき市立平第六小学校5年時からソフトボールを始め、平二中で軟式野球部に所属し2年時から捕手。聖光学院高では2, 3年時に夏の甲子園に出場。プロ志望届を提出していたが指名球団はなく東洋大学へ進学。東都大学リーグで捕手、一塁手として合計4度のベストナインに選ばれた。4年時には主将を務め、3, 4年時は大学日本代表に選出。

佐藤都志也の特徴やプレースタイル

福島県で敵ナシ状態の野球強豪校・聖光学院では1年生から正捕手としてプレーし、2年生夏・3年生夏には甲子園出場も経験。しかし順調な野球エリートコースを歩んできた高校3年にプロ指名漏れ
これをバネにして大学では一回りもふた回りも大きくなって大学ジャパン入り、そして大学でも屈指の強打の捕手として成長し、見事にプロ野球入りを叶えた。キャプテンシーもある選手で将来の主軸候補の一人。

佐藤都志也の評価

千葉ロッテマリーンズというよりは日本のプロ野球界全体として”打てるキャッチャー”というのは絶滅危惧種的な扱いとなっており、近年ずっと囁かれている課題である。だからこそ佐藤都志也にかかる期待は大きい。

2年の春から一塁手としてレギュラーに抜擢されると、いきなり首位打者を獲得。3年の春からは正捕手の座を掴み、大学日本代表にも選出された。この夏の日米大学野球選手権では、正捕手の座を海野に譲ったものの、やはり打力を買われて一塁や外野で出場。それほど打撃には定評がある。「打てる捕手」が育ちにくくなっているものの、逆に言えば、「打てる捕手」がいるチームはそれだけで、攻撃力の面で大きなアドバンテージを得ることになる。打てるから他のポジションで抜擢しようではなく、打てるからこそ捕手として育てることの重要さが高まってきている。

ロッテ2位・佐藤都志也にかかる「打てる捕手」への期待

昨シーズンは西武の森友哉が捕手で首位打者獲得と素晴らしい成績を残し、待望の”打てるキャッチャー”の誕生に沸き立った。

佐藤はプロの世界でも「打てる捕手」として大きく飛躍する可能性を十分に秘めた選手である。どうしてもロッテでは1位の佐々木朗希が大きな注目を集めるが、佐藤の正捕手獲りへの挑戦にも注目してもらいたい。

ロッテ2位・佐藤都志也にかかる「打てる捕手」への期待

佐藤都志也のココをチェック!

若く球界を背負って立つ可能性を持つ佐藤都志也のチェックポイントを改めてまとめてみよう。

史上初の捕手トリプルスリーへ

佐々木朗希ばかりに注目が行きがちなロッテだが、その打棒にかかる期待は大きく、足も使えるため史上初の【捕手としてのトリプルスリー】も狙える逸材であると言える。

守備負担の大きなキャッチャーというポジションでトリプルスリー達成を”期待できる逸材”が入ってきたこと自体、期待しないわけには行かない

類稀なる”プロ意識の高さ”

新人合同自主トレでこれまでにない人々にみられながら野球をするという経験に戸惑いながらも、新人らしからぬ準備力は高校、大学と強豪校の中で生き延びるための本能を感じさせる。

バットに注目してみると、他のルーキーたちは同じデザインのバットを使っていることが多い中、佐藤は白木のバットと白と黒のバットを使って打っていることが多い。ちなみに、20日の練習では白と黒のバットを使用し、19日は白木のバットを使い途中から白と黒のバットを使っていた。白木と白と黒のバットでは「形が違いますし、バランスも全部違います」とのこと。バットは、体調によって臨機応変に使い分けている。

ロッテドラ2・佐藤、プロとしての自覚「やるべきことをしっかりやる」

守備面では、ポジションが捕手ということもあり、20日にはブルペンに入った3年目の山本大貴の球を受けた。
「これからもっともっと色々なピッチャーの球を受けると思うんですけど、まだ受けたことのないピッチャー。どういう球を投げるのか全然わからない状態だったので、いろいろなピッチャーの特徴を整理して受けられるようにしたいなというのが率直な感想です」。
新人合同自主トレ期間中、投手陣がブルペンに入るときは、できるだけ多くの球を受けていきたいとの考えを持っている。

ロッテドラ2・佐藤、プロとしての自覚「やるべきことをしっかりやる」

これもまたプロ向きで頼もしい姿勢であり、将来そのキャプテンシーでチームを引っ張る存在になってほしいものである。

佐藤都志也のインスタグラム

佐藤都志也はプロ意識の高さから早くもインスタグラムのアカウントも開設。この辺りの積極的なコミュニケーション能力はさすがキャッチャー。

第1回同級会なるものが開催された様子。このメンツが一流の選手に育った時に千葉ロッテマリーンズに黄金時代が到来することになる。

佐藤都志也のツイッター

そして矢継ぎ早にツイッターのアカウントも開設。抜かりない。

このキャンプで本業野球の方も期待大ではあるが、今時の選手らしくソーシャルを駆使したブランディング能力まで兼ね備えるとなると山崎康晃(横浜DeNA)クラスのファンサービス能力を身につけるのも時間の問題かも。

佐藤都志也の成績

2020年シーズン

プロでの実践に登場するやいなや、早速タイムリーヒットで結果を出す。

前日の試合で高部や福田がそれぞれ3塁打やホームランなど華々しい結果が乱れ飛んでいただけに悔しい気持ちもあった中でしっかり切り替えて結果を残す。

みんなが打ってるときに打ってもしようがないと、切り替えました。みんなが打てないときに打とうと。(2安打は)自分の中では大きなもの」

【ロッテ】ドラ2佐藤が2安打でアピール

この切り替え能力は捕手としても良い方に作用するし、打撃での長期間にわたるスランプなど大きな波を作らない選手になりそうな気配。