【プロ野球コラム 選手駅_01】根尾昂は高輪ゲートウェイ駅

【プロ野球コラム】選手駅

「野球選手とかわからないし、興味ない…」
「野球ってルール知らないし、観ても何を見れば良いのかわからない…」

という人も少なくないだろう。

実は、プロ野球選手の凄さや面白さに気づいてもらうには「コツ」がある。
それは「身近な何かに」置き換えること。

プロ野球選手の個性、特徴やプレースタイルを万人が身近な存在である「駅」に例えることで野球の魅力を紹介していく。

ちょっと違った見方をして見るだけで、違った目線で野球を楽しめるようになるはず。

第1回:根尾昂(中日ドラゴンズ)

記念すべき第1回は、2018年ドラフト会議の目玉だった根尾昂(大阪桐蔭→中日D1)

根尾昂は超高校級の選手として、遊撃手としては強豪大阪桐蔭で主軸を任され、投手としても140km/hを越す直球を繰り出す二刀流。
その卓越した潜在能力にまさに’次世代の野球界の顔’になれる逸材として野球ファン、関係者は盛り上がった。

根尾昂の「どこが」凄い?

漫画の世界からそのまま飛び出してきたかのような独自の物語を持っているプレーヤーはやっぱり魅力満点。

内・外野を兼務してマウンドに上がることもあるユーティリティプレーヤーでありながら、一方、高校入学までの成績はオール5と勉学にもたけている。また、中学時代には全国アルペンスキー大会男子回転で優勝し、世界大会にも出場した異色の経歴の持ち主だ。

https://newspicks.com/news/2471944/body/

根尾昂が”高輪ゲートウェイ”たる理由

そして、根尾昂は駅で例えるならまさに次の’TOKYOの玄関口’となる最近話題の高輪ゲートウェイに他ならない。

2020年春の暫定開業以降、多くの訪日外国人をもてなすように、その頃には多くのナゴヤドームに訪れる中日ファンを根尾はそのプレーで魅了するだろう。

山手線では1971年に開業した西日暮里駅以来47年振りの新駅登場のタイミングは、まさに何十年に一度の逸材である”新スーパースター候補”根尾の登場と被る。

また、幼少期から野球以外にもスキーで世界大会で活躍するなどグローバル視点でみても、彼ほど高輪ゲートウェイが似合う選手もいなかろう。

東京、いや日本の”新たなランドマーク”となる高輪ゲートウェイこそ新スター根尾にふさわしい。

根尾昂、高輪ゲートウェイ説まとめ

  • 根尾昂は学業成績もオール5の「次世代の万能型アスリート」
  • プロ野球界においても”新名所”となりうる期待の新人
  • 山手線47年振りの新駅登場=球界でも何十年に一人の逸材

2019シーズンは根尾昂改め、根尾’高輪ゲートウェイ’昂に注目したい。

次の停車駅は品川(Shinagawa)です。