【EAG】辰己涼介という”厄介な”オトコ

東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球が開幕して、オールスターも終了。
オールスターでは阪神のドラフト1位ルーキー・近本光司の賛否両論吹き荒れるおまけ付き(?)のサイクルヒットなども飛び出し、夏のお祭りごととしては盛り上がったのではないでしょうか。

そのルーキーながら”新人離れの活躍”を見せた近本光司もさることながら、今日取り上げて行きたいのは、同じく2018年東北楽天のドラフト1位入団の【辰己涼介】です。

NPBで一番”厄介なルーキー”辰己涼介

これが、”厄介な”男なんですわ。
まずは、以下の動画をみてもらいましょう。

VS福岡ソフトバンクホークス戦での出来事。
1点を勝ち越した直後の8回1死二、三塁。三塁走者の辰己は、島内の右翼への浅めの飛球に対し、タッチアップの態勢を取った。
ここで、打者のライトへのフライに対して2塁ランナーがちょっと飛び出し気味になったことによりもたついた守備の隙をついて本塁を陥れる・・・という抜群の観察眼と野球センスを見せつけました。

このプレーには楽天監督の平石監督も非常に評価している様子。

楽天の平石監督も
「辰己はものすごく野球が好き。だから、走塁だけでなく全てに興味がある。常にチャンスをうかがうという発想、センス…。まず興味がないとできないこと」。

プロ野球、新時代のうぶごえ

自らを「野球バカ」と称し、グラブにもその呼称を刻み込むほどの求道者。
イチローが引退したタイミングで出現してくるあたりも”何か”を感じさせる。

ちなみに前でのオールスターで5打数5安打の大活躍をした近本光司とは高校時代(兵庫県立社高校)の先輩と後輩の関係性。
※近本が当時3年生のとき、辰己が1年生

プロ野球の新しい時代の風としてちょっと”観ていて楽しみ”な選手が現れた。